お客様の声|北九州市 小倉北区 「新・テーラー創業元年」オーダースーツ専門店 株式会社 アダムス

トップページ > お客様の声

【体験者談】アダムスのスーツ、ここが素晴らしい。

木村 博 さん

きむらクリニック 院長

きむらくりにっく 木村先生木村博さん(きむらクリニック)私は博多生まれの博多育ちなんですが、平成15年に友人の医院を引き継ぐかたちで行橋へ来ました。その後平成21年に現在の行橋駅前通りに医院を新築移転しました。ちょうどその頃、吉田さんがライオンズクラブ国際協会337-A地区の副地区ガバナーをされているころで、何かの式典で初めてお会いしました。
普段はもちろん白衣で仕事をしていますから、スーツを着るのは医師会や同窓会などのフォーマルな場合が多いのですが、それまで着ていた既製品のスーツでは、腕の長さや肩の形などが微妙に合っていませんでした。
既製品では腕をあげると窮屈な感じがあったんですが、作ってもらったスーツは全くそんな感じがなくて、体を動かすのがほんとうに楽なんです。スーツがカラダにフィットするとスーツがすごく軽く感じます。その感覚を知ってからは既製品のスーツに袖を通すことが無くなりました。私は左右の腕の長さも違い、左肩が少し下がっててしかも猫背気味なんですが、それらをすべてカバーできる仮縫い付きのフルオーダーは安心ですね。
きむらクリニックスタッフの皆さんときむらクリニックスタッフの皆さんと合計5着ほど作っていただきましたが、一番最近は白い麻の生地でスーツを作りました。これはコーディネートも難しいし、着ていく場面も限られますが、こういうこだわりを表現できるのもフルオーダーならではですね。ボルサリーノ帽とコンビのシューズでキメています。


小林 稔 さん

株式会社 小林工房 専務取締役

小林稔さん(小林工房)小林稔さん(小林工房)仕事は全国チェーンのお弁当屋さんの店舗開発が中心です。他に、中国やシンガポール、フィリピンの開発物件も抱えていますので、海外も飛び回っていて、ほとんど北九州にいないのが現状です。
仕事柄ほぼ毎日スーツなので、そろそろスーツを新調しようと吉田さんに相談したところ、まっさきにこの大柄のウィンドウペインの生地を見せられました。わたしも通り一遍ではない、ちょっと違った生地が好みだったので、「吉田さんは、私の個性や好みをよく分かったるなあ」と感心したのを覚えています。ぶら下がりの既製品ではなかなか見かけない柄ですが、ビジネスでもそんなに浮いた感じもしないし、客先でもオーダーであることにすぐに気づいてもらえて、とても気に入っています。
「仕事柄毎日ほとんどスーツ」という小林さん「仕事柄毎日ほとんどスーツ」という小林さんわたしはもともと胸板が大きくて、幅に合わせると袖丈や着丈が全く合わず、以前からオーダーのスーツを作ってきました。これまで作ってきたスーツとアダムスさんとの大きな違いは「丁寧さ」です。これまでは展示会等のイベントで流れ作業的につくってきたので、小さくこだわることができませんでしたが、アダムスさんでは細かな打ち合わせを重ねて、納得が行くものができました。


北九州市 小倉北区 オーダースーツ専門店「アダムス」
北九州市 小倉北区
オーダースーツ専門店 株式会社アダムス

btn_top.pngbtn_top.png
btn_process.pngbtn_process.png
btn_faq.pngbtn_faq.png
btn_voice.pngbtn_voice.png
btn_shop.pngbtn_shop.png